「意味を理解した」量子自然言語処理に関する基礎科学論文への投稿を公表

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング、
「意味を理解した」量子自然言語処理に関する基礎科学論文への投稿を公表

IBM 量子コンピュータ上で引き出された自然言語処理の「真の量子」属性

 

英国ケンブリッジ市 2020 年 12 月 10 日発表 – ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング(Cambridge Quantum Computing、以下 CQC、CEO:イリアス・カーン)は、「意味を理解した」量子自然言語処理(QNLP)の初期進歩に基づいて、QNLP に真の量子性(quantum-native)があり、従来のコンピュータに対する優位性が期待されることを実証したと発表しました。

自然言語処理(NLP)は現代の人工知能の進歩の最前線にあり、この分野で最も挑戦的なものの 1 つであると言えるでしょう。ただし、古典コンピュータを用いた「意味を理解した」NLP の実現は非常に遠いと考えられています。

Post by admin