ケンブリッジ・クオンタム・コンユーティング、人工知能チームの 責任者にスティーヴン・クラーク教授を任命

ケンブリッジ・クオンタム・コンユーティング、人工知能チームの
責任者にスティーヴン・クラーク教授を任命

 

CQC、英国ケンブリッジ市 2021 年 4 月 12 日発表 – ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング(Cambridge Quantum Computing、以下 CQC、CEO:イリアス・カーン)は、スティーヴン・クラーク教授を人工知能チームの責任者に任命しました。クラーク教授は CQC に入社する以前、DeepMind 社でシニアスタッフ研究科学者として、仮想環境におけるグラウンデッド・ランゲージ・ラーニングに取り組むチームを率いていました。また、クラーク教授はロンドン大学クィーン・メアリー校の名誉教授でもあります。

クラーク教授は、DeepMind に入社する前はケンブリッジ大学コンピュータ科学技術部の教員として、自然言語処理の Reader を務めていました。それ以前は、オックスフォード大学コンピュータ科学部の教員、オックスフォード大学キーブル・カレッジのフェローでもありました。クラーク教授は、サセックス大学よりコンピュータ科学と人工知能学の博士号を、ケンブリッジ大学(ゴンヴィル・アンド・キーズ・カレッジ)より哲学の学士号を取得しています。

Post by admin