ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング、米 Honeywell の量子コンピ ュータに向けたソフトウエア・スタック ク t|ket⟩™ のアップデートを発表

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング、米 Honeywell の量子コンピ
ュータに向けたソフトウエア・スタック t|ket⟩™ のアップデートを発表

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング・リミテッド(Cambridge Quantum ComputingLimited、CEO:イリアス・カーン、本社:英国ケンブリッジ 市、以下 CQC)は 2020 年 3 月 13 日、Honeywell のイオントラップ型量子プロセッサ向けに最適化した量子ソフトウェア開発プラットフォーム t|ket⟩™(ティケット)の新バージョンをリリースしたことを発表しました。

新しいオプションの python パッケージ「pytket_honeywell」は、Honeywell の量子プロセッサのサポートを t|ket⟩™ に追加します。pytket_honeywell はHoneywell 量子プロセッサ上で量子アルゴリズムを透過的に実行出来るようにする最初のソフトフェアであり、元のプログラムが pytket、Qiskit、Cirq、Quil、または QASM のどれを使用して作成されたかによりません。

Post by admin