ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング、量子コンピュータ上で過去最大級 レベルの自然言語処理の実装を発表

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング、量子コンピュータ上で過去最大級
レベルの自然言語処理の実装を発表

100 以上の文章における複数の実験により、量子自然言語処理の実現の可能性を明示

 

英国ケンブリッジ市 2021 年 3 月 2 日発表 – ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング(Cambridge Quantum Computing、以下 CQC、CEO:イリアス・カーン)は、科学的な電子文献リポジトリである arxiv で研究論文を公開したことを発表しました(「QNLP in Practice: Running Compositional Models of Meaning on a Quantum Computer」はこちら)。この度公開した研究論文では、量子コンピュータ上で行った自然言語処理(NLP)において、過去最大級レベルの実装実験の詳細が含まれています。

この論文では、一般的な NLP タスクにおける最初の「中規模」実装が紹介されています。 IBM の量子コンピュータ上で行った実験では、文をパラメーター化された量子回路としてインスタンス化し、文の文法構造に従い「もつれた」量子状態として単語の意味を埋め込みます。

Post by admin