tket v0.8 のリリースを発表 全ての拡張機能をオープンソース化

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング、tket v0.8 のリリースを発表
全ての拡張機能をオープンソース化

 

英国ケンブリッジ市 2021 年 3 月 5 日発表 – ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング(Cambridge Quantum Computing、以下 CQC、CEO:イリアス・カーン) は、高性能量子ソフトウェア開発キット(SDK)である tket(「チケット」と発音)の最新バージョンをリリースしたことを発表しました。

バージョン 0.8 における主要な変更点は、全ての拡張機能(extension)をオープンソース化したことです。拡張機能は、tket が多岐に渡る量子デバイスやシミュレーターと連携できるようにする Python モジュールであり、他の量子ソフトウェアツールを用いたインテグレーションを可能にします。拡張機能は、理論上幅広い量子ハードウェアとソフトウェアプラットフォームで利用可能で
す。

Post by admin