ZX-Calculus に関する新しいレビ ュー論文「–理論から実践へ–図式による計算法が実世界で量子コンピューティングを どのように導くか」を発表

ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング、ZX-Calculus に関する新しいレビ
ュー論文「–理論から実践へ–図式による計算法が実世界で量子コンピューティングを
どのように導くか」を発表

 

 

英国ケンブリッジ市 2021 年 2 月 23 日発表 – ケンブリッジ・クオンタム・コンピューティング(Cambridge Quantum Computing、以下 CQC、CEO:イリアス・カーン)は、ZX-Calculus に関する新しいレビュー論文を発表しました。

CQC がプレプリント arXive に公開した論文は、Bob Coecke(CQC)と、彼のチームメイトである Quanlong Wang(CQC)、Dominic Horsman(Université Grenoble Alpes)、Aleks Kissinger(University of Oxford)によって執筆されました。その論文は、興味はあるものの専門家ではない人、量子科学者の双方に量子コンピューティングのコアコンセプトと、基本的な構成要素を理解するためのユニークで実用的なツールを提供する内容となっています。論文「Kindergarten Quantum Mechanics Graduates」では、BobCoecke が 2004 年と 2008 年に執筆した論文「spiritual god child」において量子物理学の仮定によって記述されるプロセスを解説し、より直感的にするための図式形式として記述した「ZX Calculus」が説明されています。

 

Post by admin